06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

夜郎自大

  // 

小国が大国に挑む!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

Rainbow Six を語る。 その9 

rsmember005+++++.jpg
この記事ではRSの中堅職員の皆さんを紹介します。

●一人目はSASR出身のオーストラリア人のティモシーさんです。
狙撃能力が完全に駄目ですが、全体のバランスが非常に優れています。
攻撃力と手榴弾の投射能力のバランスが良い。
最大の強みは「スタミナ」で長距離を歩くことになるチームに配属させると
いいみたいだ。
チームリーダー(RSの場合は先頭の兵士)にするには
攻撃力(攻撃の精度)・とリーダーシップに欠ける。
ミッション開始前に冗談を言ったりするような気さくな性格のようです。

●二人目はブラジル人のアレジャンドロ?さんです。
結構の年のいった職員です。
こちらの隊員も攻撃力と手榴弾の投射能力のバランスが優秀です。
爆弾解体・盗聴器設置・狙撃・潜入には適していないようです。
自制心・リーダーシップもそこそこなので、先頭に配置してもよさそうな感じだ。
上のオーストラリア人とは異なり、任務中は全く冗談などを言わない職業軍人タイプ。
趣味はオペラ鑑賞だそうです。

●三人目はカナダ人のロジャーさんです。
この職員は「攻撃兵」に分類されず「破壊工作兵」に分類されています。
そのせいか、この職員の優秀さに気づかなかったりします。
お父さんがカナダの中央銀行に勤務されているそうで、本人もエリート坊ちゃん顔ですね。
爆弾解体・爆弾設置能力が97、攻撃力が96と極めて優秀です。
手榴弾の投射能力も100とパーフェクトです。
彼は爆発物のスペシャリストといえます。
精神面でリーダータイプではありませんが、非常に頼りになる存在です。


RS3では「催涙弾」「スモークグレネード」が導入され、
リスクの高い近距離の銃撃戦を避けるといった選択が可能になっています。
例えば、人質のいる空間に、「催涙弾」をガンガン入れて、
テロリストをごほごほさせてから、突入といったことが可能です。

スモークグレネードは、狙撃兵の存在を隠し、煙越しに熱探知スコープを用いて
相手を狙撃することができます。

tear gas

↑催涙ガスを投げようとする隊員とガスマスクを装着した隊員
ガスマスクを装着していないと、視界がぐしゃぐしゃになります。

スポンサーサイト
◆兵器戦術論  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。