FC2ブログ
08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

夜郎自大

  // 

小国が大国に挑む!

格安のDVDを発見! 

サークルKサンクスで、格安のDVDを発見!
なんと1000円。 007 慰めの報酬 / ダニエル・クレイグ
007+jlkjlk.jpg

1000円だから内容はやばいのでは? と思いつつ観賞。
たぶん映画館で観ても、損したと感じない内容でした。

①アクションシーンが非常にハードな感じで良かったし、
②銃を構える瞬間の表情の切れが良かった。
③非現実的な兵器が登場しない。ほとんど肉弾戦で解決。
 敵を殺すときも容赦なしです・・・
④貨物用の旅客機と旧型戦闘機との対戦もよい。
⑤メインのボンドガールとのベッドシーンなし。(ウキィペディアより)
しかし、同僚の工作員?と… 
お色気時間も非常に短時間なので、硬派な作風を維持してます。
⑥アメリカとイギリスのギクシャクした関係もいい。
⑦最後の敵を砂漠でおろして、のどが乾いたら飲めとエンジンオイルを渡します。(なんてハードな事を…)
人間は限界までのどが渇くとエンジンオイルでも飲むのか…

ピアース・ブロスナン はキザな英国紳士って感じですが、ダニエル・クレイグは硬派な軍人って感じです。

007 トゥモロー・ネバー・ダイ(ピアース・ブロスナン )が一番好きでしたね。
ボンドカーが古いBMWでビルから飛び降りるシーンが好きでした。
ボンドカーはBMWZ8が好みです。
しかし、作風・ボンドカーをなど考慮すると暫定1位は、007 慰めの報酬ですかね。

BMWがボンドカーとして登場しなくなった理由は、英国のメーカー:ローバーとの提携が終了したからだそうです。
といってもローバーは、インドの会社に買収されてしまい純粋な英国資本のメーカーではなくなってしまいました。
近年、英国の会社が「アストンマーチン」を経営難のフォードから買い取ったそうで
唯一の英国資本系の自動車メーカーは「アストン」だけなのです。
英国政府もなんか後押ししている感じで、カーチェイスのシーンも、イタリア車が敵役で、警察の車両がベンツでした。
両社とも大破するんですが、ここら辺にナショナリズムを感じますね。



スポンサーサイト



この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://1777z.blog9.fc2.com/tb.php/109-142a4b4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top