FC2ブログ
08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

夜郎自大

  // 

小国が大国に挑む!

Rainbow Six を語る。 その5 

rsmember002+.jpg

またまたRS話です。
画像はFBIの人質救出チームHRT出身の「ボガード」さんです。
1954年生まれ?でなかなかの老兵です。

爆弾解体能力・盗聴器設置能力が壊滅的に低く、狙撃能力・手榴弾の投射能力も
新兵なみですが、戦闘力・自己抑制能力・スタミナが優れています。
解説文の英文を読みますと、『銃撃戦の能力に特化していて、相手から攻撃を受けた時も
冷静に反撃に転じる事が出来る』的な事が書いてあります。

ボガードさんは間違いなくTOPクラスの隊員で死んでもらっては困る存在です。
突入チームの先頭に適した人物でしょう。

レインボーシックス ヴェガスシリーズは評判が悪いのでやった事がありません。
主人公が一新されたようですが、伝統的RS隊員が高齢化してきてしまったからではないかと
推測しています。

次回作のRSは原点回帰になるそうで、70の民間人を救う為に1人を人質を見殺しにする。
VIP人質を救出する為にのこりの民間人を見捨てる。など結構過酷な選択肢が用意されているようで
ミッションの分岐があるようです。

下の画像の謎の人物は、RSの隊員が負傷・重傷・死亡した時に補充される「補欠要員」です。
例えば、隊員が7人死亡すれば、アサルト補充要員が7人追加されます。

人質がいないミッション(敵を全滅させるミッション)では、仲間が死亡する可能性が高いので
「補充要員」に手榴弾を持たせて、突撃!っていうのもありです。
彼らが戦い、敵の数を減らしてから主力のチームを投入します。
もちろん補充要員はなくなってしまいます。


スポンサーサイト



◆兵器戦術論  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://1777z.blog9.fc2.com/tb.php/140-f138d2c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top