FC2ブログ
08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

夜郎自大

  // 

小国が大国に挑む!

Dokken / George Lynch 

George Lynch さんです。日本のメタル系の雑誌では「巨匠」と呼ばれたりしますね。GRLynch0808+.jpg
80年代の初頭に流行したLAメタル。
その体表各の一つが Dokken です。

この種のLAメタルでは、George Lynchが技術面でも一番でした。
George Lynchが同世代のギタリストに与えた影響は計り知れないものがあり
ルックス面も過激で、中学生が思いつきそうな形のギターを使って
日本のギター少年に衝撃を与えたそうです。

日本のXJAPAN、セックスマシンガンズはあたりはかなりの影響を受けたと思います。
日本のアニソンは大抵、80年代のHRから影響を受けていて,ゲームのサントラなどにも影響を与えているといえます。
現代では常識的なHR手法の基本骨格を作り上げたのが George Lynch   といってもいいでしょう。
彼の特徴といえば、フロイドローズの斜めセッティング・ハイディストーション・45mmワイドネックでしょう。

45mmwide.jpg
45mmワイドネック↑
通常のストラトが42-43位なので、それよりも幅が左右に5mm程度ひろいネックです。
必然的にネックは太めになってしまいますが、力を入れて弾きやすくなります。
(1弦でチョークダウンできるという利点もありますが…)
この45mm幅のネック&George Lynchの極太の腕から、あの剃刀のような切れ味のフレーズが生まれるのです。

George Lynchも他のミュージシャンと同じように、年齢を重ねるとともに
シンクロナイズドトレモロに移行しています.

ストラトの良さは、そのトーンと「弦の寿命が長い」ことにあります。
フロイドローズに良さは、そのアタック感・音程の絶対的安定感・アーミング等にありますが
最大の欠点は、「弦の寿命が極端に短い」ことだと個人的に思っています。
貼り替えた直後でチューニングが安定した時の音質が最高ですが、
3日も経つと、一気に音質が劣化してきます。
ストラトは1か月くらい経っても音質の劣化度が低い傾向にあります。

Dokken - Just Got Lucky
曲の流れがアニソンっぽい?

http://www.youtube.com/watch?v=Wu6SvTn6eg4

Dokken - Into The Fire
http://www.youtube.com/watch?v=kyePfnR3DmA&feature=related基本LAメタルは下ネタばっかです。FIREの意味は…女性の○○です。


Dokken - In My Dreams
http://www.youtube.com/watch?v=c3_NgBhgCec&feature=related有名な曲です。




スポンサーサイト



○HM/HR情報♪♪  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://1777z.blog9.fc2.com/tb.php/166-645985f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top