FC2ブログ
08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

夜郎自大

  // 

小国が大国に挑む!

ドロップDチューニング候補その4 ZAKK LP 

お金を貯めてギブソンにしようかな? 
そろそろ伝家の宝刀的な一本があってもいいかなと思えてきます。

ギブソンはカスタムショップと一般の市販物ではかなり差があると言われていて、
市販物はエドワーズの10万くらいのものと品質は同じとまで言われています。
カスタムショップの物は、木材の品質管理が厳しいので最高の音質が体感できるそうです。

私は木材の専門家ではありませんが、マホガニーには
広義のマホガニー と狭義のマホガニー(厳密な意味でのマホガニー)があるらしく。
いわば、100円寿司での「いくら」は本物のいくらではない原理と同じで
10万以下のLP系のギターには広義のマホガニーが使用されているのが一般的です。
そーしないと採算が合わないのでしょう。 
zakkcamolp001+.jpg
↑基本構造はLPカスタム。 
極太のネック・厚めの4.6kgの重量級ボディ・メイプル指板。
LPで4.6kgは最重量級ですね。ネックもかなり太いようなので耐久面でも安心できそう。
メイプル指板とマホガニーはどのような相乗効果があるか、非常に気になる。
zakkLPCAMO002+.jpg
↑ザックの所有のプロトタイプ
1978年製のLPカスタムに迷彩ペイントを施したもの。
1976-1980の間のLPカスタムは、メイプル指板orエボニー指板の選択が可能だったそうだ。
zajjLPcamo0002+.jpg
↑現行のカスタムショップの物とは迷彩柄が異なる。
ザックが個人的に好む「弦の裏通し」、テンションを低くすることで激しい振れ幅のヴィブラートが生まれる。
zakklpcamo+000002++.jpg
↑こちらは製品版の迷彩LP。
どちらが好み?
zakkLPCAMO003+.jpg
↑戦車を背景の1978改造LPを構えるザック
zakk_wylde.jpg
↑こちらは製品版のLP。



スポンサーサイト



この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://1777z.blog9.fc2.com/tb.php/220-20877d84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top