FC2ブログ
08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

夜郎自大

  // 

小国が大国に挑む!

カフェインの半数致死量(LD50) は約 200 mg/kg  

カフェイン
主な作用は覚醒作用、脳細動脈収縮作用、利尿作用。医薬品にも使われ、
眠気、倦怠感に効果があるが、副作用として不眠、めまいがあらわれることもある。
カフェインを習慣的に摂取する人が半日から1日カフェインを摂取しなかった時に現れる症状として最も顕著であるものは頭痛であり、
その他、不安、疲労感、集中力の欠如、抑うつが現れることがある[3]。

若干の依存性も持つが、1日に1~2杯飲む程度であれば健康への影響は少ない。

なおカフェインの半数致死量(LD50) は約 200 mg/kg で、一般的な成人の場合、
10?12 g 以上が危険といわれる(詳しくはカフェイン中毒を参照)。
医療分野において薬事法では1回(1錠・1包等)あたりに500mg以上のカフェインを含むものを劇薬に指定している。

コーヒー (豆から抽出したもの)235ml: 95mgコカ・コーラ350ml: 35mg
多くの人がコーヒーや緑茶などからカフェインを日常的に摂取しているが、

過剰な摂取は健康に害をおよぼすことが知られている。
カフェインは法的に禁止・制限された薬物ではないが、脳神経系に作用するものである。

カフェインはエストロゲンの分泌を亢進させる働きがあるため
カフェインの体内での半減期は約3.5時間であり
アジア系でカフェイン耐性が無い人は比較的少ないといわれている。


コーヒーは世界で最も多くの国で飲用されている嗜好飲料である。
石油に次いで貿易規模が大きい一次産品であるため、経済上も重要視されている。

最初は一部の修道者だけが用いる宗教的な秘薬であり、
生の葉や豆を煮出した汁が用いられていた。

コーヒーには軽度の習慣性があるとされる。
これはカフェインによる作用だと言われている。
カフェインには軽い依存症を引き起こす働きがある。
また一日に300mg以上(コーヒー3杯に相当)のカフェインを常用する人には
カフェイン禁断頭痛と呼ばれる一種の禁断症状が現れることがある。
これは最後のカフェイン摂取から24時間以上経過すると偏頭痛様の症状が現れるものである。
このカフェイン禁断頭痛は症状が現れてから、
カフェインを摂取することで30分以内に消失するが、
カフェインを摂取しない場合は2日程度継続する。
ただし、これらの症状は麻薬類やニコチン、アルコールと比較して、
きわめて軽微なものだと考えられており、規制や年齢制限などは必要ないと考えられている。


★勉強の効率を上げるための内容であるため、このカテゴリで記事をUPするよ。
もっと早くから、教材の是非・効率UPとかを記事にすればよかったよ。


スポンサーサイト



この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://1777z.blog9.fc2.com/tb.php/347-bbe6b9ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top