FC2ブログ
08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

夜郎自大

  // 

小国が大国に挑む!

 

日本にとって良いニュースが、今週また少し入ってきた。3年ぶりに「アジアで最も重要な米国のパートナー」として中国を選んだ米国人の割合より、日本を選んだ米国人の割合の方が高くなった。


Associated Press
野田首相(左)とオバマ米大統領(19日、G-8サミットで) 米世論調査会社ギャロップが行った調査によると、回答者の50%が「最も重要」なパートナーとして日本を選び、39%が中国を選んだ。日本政府はギャロップに対し、過去50年にわたって定期的に調査の実施を依頼している。

日本を選んだ人の割合が高くなったのは2009年以降、初めてのことで、2010年の調査は44%と44%で引き分けだった。2011年は中国の39%に対し、日本ははるかに少ない31%だった。ただし、昨年の調査にはオーストラリア、韓国、インドも回答に含まれていた(これらの国が含まれていたのは最初で最後だ)。

しかし「オピニオン・リーダーズ」部門では、日本はまだ低い。このグループでは回答者の54%が中国を「最も重要」だと答えたのに対し、日本はわずか40%だった。オピニオン・リーダーズの中には、政府関係者、経営者、学者、またジャーナリストが含まれる。


※やっと日米同盟の重要性を再確認してくれたみたいだ。
オバマ政権が、ジャパンパッシング的な態度をとるから、ここ数年の政変・事件を誘発してしまったんだと
個人的に邪推している。

麻生総理とか、安部内閣とかよかったと思うんだが… 
税金UPに成功したら、また保守政権に戻って欲しいよ。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://1777z.blog9.fc2.com/tb.php/497-e8e7f70a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top