FC2ブログ
08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

夜郎自大

  // 

小国が大国に挑む!

10/20 YNGWIE 記事再掲載!! 

★偉大なる YNGWIE MALMSTEEN!!!!(◎5点/5点満点)

自分はYNGWIE肯定派なので、もう採点は甘いです。
マーシャルの壁
建設中の壁が気になって、LAST IN LINE に集中できない。


まず、ストラトに強烈なノイズが入るのでそれを解決するために30分近く時間がかかる。
オオトリということも合って、YJMサイドのウルティメイトステージには、観客が集結する。
TRIVIUM以上、EUROPE以上の客が集まる。

30分程度の時間の経過すると、YJMも諦めて、演奏開始!!!
こっこのイントロは!!!!! RISING FORCEだ!!!!!
王者光臨!!!

ドライアイスの煙の中から、YINGWIE様が光臨!!!!!!!!!!!!!!!
なんということだ。
右手の十字架
ギターを弾きまくるその左手の十字架が揺れて、かっちょいい!!!!!!!!!!!!!!

RISING FORCE = YNGWIE なので、この曲かなってはある程度は予想できたけど、
人生初の生インギーなので、大興奮。 キーボードの歌でも結構いけてる。
YJM RISINGF


二曲目の「ディネーションゲーム」の歌が酷かったので
帰り始める人が!!!!!  帰るな!!! インギーの機嫌が悪くなる。

歌物は、この二曲いったん終了。 インギーの独壇場になる。
結構早い段階で、FAR BEYOND THE SUN をやってしまい。
その後に、マーシャルの壁の向こうに行ってしまう。 切れているのか?
 YJMが壁の裏に消えるたびに、BASSの人が「コンバンハ トキョー」と言う。
三回目くらいで笑いが起きる。完全にインギーが貴族様で、残りの奏者は家臣・しもべ状態だ。
面積としも、85%近くがインギーの面積で他の奏者は、動くことすら許されていない。
 結局、YJMは アコギをとりに行ってただけで、また演奏を始める。
バッハ?パガーニ? など弾きつつ、アルカトラス時代の曲やって、

またBASSの人が出てくる。YJMはマーシャルに引っ込む。YJMは何かスタッフに指示を出しているのかもしれない。

トリロジー組曲も弾く。 後ろの席の若い女性は、曲名が分からないようだけど、一点を凝視していた。
 YJMの曲は、ライブでどうのっかるか難しく。客が呆然と見つめることになっていまう。
インギー様
アルケミーに収録されていてた ブルーを演奏して、またどこかへいってしまう。
 流石に、YJM教徒の自分でも「やばくない? 雰囲気が?」と感じて 周りの客の顔を見てしまう。

この時点で、確実に10%くらいは客が減ってしまった。そのことに切れたのか?
演奏が終わるとまた、マーシャルの向こう側へ…
もうこの段階で、感覚的には1時間以上も弾いているように感じた。

しかもYNGWIEは、曲の最後でギターを噛んだり、マーシャルにこすり着けたりして、ノイズを発生させて、しかもデュレイ・フランジャーで強烈なハウリングを起こす。そのノイズのレベルが半端じゃなくて、女性客は皆耳を塞いでいた。
インギーの機材
YJMの足元の機材、最近はこんな感じなのか? DODは見当たらない。

 YJMのスタイル楽曲を知らない人は、この行為をみて狂人だと思っただろう。
インギーエフェクター

自分はYJMのファンだけど、かなり不味いと思った。 ノイズを出しっぱなしでまたマーシャルの外へ…
エフェクターのスイッチは、スタッフが切り、やっとノイズがとまる。不穏な空気が…
 YJMは、タイムスリップのような演出をしたかったのかもしれない。この音波ノイズで時代が
88年とか 84年に移動するようなそういう演出が狙いだったのか? 逆にそういうノイズを操作できているのも凄いことだけどね。 

 記憶が曖昧だが、ここでドラマーがソロを叩き、 アリーナ席の観客から
YNGWIE! YNGWIE! コールが起きる。 こういうツンデレも演出のうちなのか?

案の定、YJM再度現る!!!!! そして HEAVEN TONIGHT♪♪

http://www.youtube.com/watch?v=Dp2jNhZWxBM

この時の声援は凄かったと思う。(というか自分の中のテンションがMAXだったかもしれん)
ここにきて、POPなこの曲である。続けてNOW is THE TIME もやってほしかった。

さらに観客の声援に答えて、I'll See the Light, Tonight♪
Yngwie Malmsteen - I'll See the Light, Tonight

http://www.youtube.com/watch?v=PlSmms1LBFQ

2曲ともTONIGHT なので、今晩のさいたまスーパーアリーナの状態にかけているだろうか?

あとは、YJMがアドリブでソロを引きまくり、何分か立つと、どこかに消えて、すぐ帰還。
ちょっと弾いたあとに、ストラップをはずして、ギターを上空に投げ始める。
3回くらい投げても、全く壊れずフェンダー社のストラトがいかに強固であるか証明された。
 4回目くらいで、ストラトの上部1/3くらいが取れて、それでもまだ投げていた。
YJMは、それからギターを叩きつけていたが、音響ケーブルに絡まり、スタッフが二人がかりで
そのケーブルをはずしていた。 それ以上の破壊を諦めて、アリーナの客にギターを投げる!!!
 自分はスタンド後方から見ていたので、ギターを投げ入れてほしくなかった。
それは、自分がアリーナに走っていても間に合わないからである。
 投げ込んだ瞬間に、警備スタッフが介入して、客が争うわないように仲介しているように見えた。
その後、YNGWEを含むメンバーが一礼をして、終了。
  公演が終わっても、ギターのつかみあいは終わらない。5分くらいは人だかりが凄かった。
結局、21歳くらいの大学生くらいの好青年がGETしていた。インギーギターをぶっ壊す。
 その青年にギターを撮影させて貰った。かなりの人が写真をお願いしていた。
ギターは、FENDER製ではなく、スクワイヤである。 これを見て少し安心した。
これがもしも、FENDERの72年製とか、FENDERUSAの現行品だったら、マジで殺伐として奪い合いになるからね。  ローズ指板で スキャロップが入っていたらYJMの所有物の可能性が高い。
PUなにか、非常に気になる。 YJMの130万のカスタムギターを買うような人ならば、この廃品に20,30マンは出しそうな感じもする。 ヘッド裏にサインがある?かもしれない。 サインを撮影させてくれの声が聞こえた。 ちなみこのシャツを着ている人は、その青年のご友人である。
この写真は奇跡に一枚ではないか? その横に見えるのは、東欧系の外国人である。(危ないよ)

 YJM シャツ3500
YNGWIEのステージを見て、またスキャロップのFENDERストラトを買って、修行を始めようと思った。
 今度こそ、二度と金に困ってYJMモデルを手放さないようにしなきゃ。
19日 20日 でYJMシャツを二枚買ったけど、正解だった。 一枚は練習用にこのシャツを見ながら
速弾きの練習をするよ。 もう一枚は永久保存する。
YNGWIEEEEEEEEEEE.jpg
スペルバウンドのジャケの色合いに似ているね。

LAST IN LINE の最後の曲 We ROCK! が20:02分に終わっている。
(時間がずれているかもしれないが、時間差は正確に記録してある)
ライジングフォース♪のイントロが始まったのは、 20:28分  → 21時50分で公演が終わる。
正確に測るとYJMは70分近く、狂ったように演奏を続けていた。 脅威的な体力である。

YNGWIEのステージには大満足だった。ロックスターとして見せ方が凄い。
YNGWIEこそが、最後のオオトリに相応しい存在だったと思う。 

3号機かな

中国の物流会社に乾杯!!だね!!(下記参照)
あと、公園後に YJMが ビンチョウ鮪がストラトを持っているように見えるって話をしていた
中年女性がいたけど… なんて事を言うんだ!!!!(でも的を得ているね)
鮪(YJM)が途中で窒息死するか心配だったって…!!! 面白すぎる。

■食事編

KFC.jpg
赤枠にご注目!! インギーのアルケミーツアーのシャツです。
何年ファンをやってるんですか!!すげぇ…
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://1777z.blog9.fc2.com/tb.php/602-8cee80c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top